メールでキャッチボール

sns出会いを利用するなら、やはり会話もメールも同じコミュニケーションのキャッチボールが必要になるでしょう。
どちらかが話のノリが悪ければ話はキャッチボールが成立しません。
質問して回答、質問して回答、この繰り返しで実はこれは一方通行ではありませんが、本来キャッチボールは投げて答えて終わりではなくて、投げ返してくれないとキャッチボールにならないのでこれではいけません。何の飲み物が好きですか?ときかれたら答えて、あなたはどうですか?と聞いて相手が答える、これがキャッチボールの基本です。ちゃんとキャッチボールが続かないといつか飽きてしまってメールは続かなくなります。

しかもシンプルな内容ばかりでは話が進みませんから、飲み物は紅茶がすきですがどこのブランドの紅茶が一番気に入っていますといったような形にしておかないと意味がないのです。
いかにキャッチボールを続けて会話の内容を実のあるものにするか、会話の幅を広げることができるのか、それにかかっているといってもいいかもしれませんね。

sns出会いでは知らないもの同士がやり取りの大半をメールやインターネット上で行うわけですから、普通の会話以上にキャッチボールが続かなければこれは寒いものがありますよね。
出会いのチャンスがあっても、そのチャンスをつかめて進展させることができるかどうか、それがポイントになってくるわけですからキャッチボールを続けるようにしましょう。