sns出会いの歴史

sns出会いはどういった歴史があるのでしょうか。最初にsns出会いのサイトができたのは2003年でした。
日本ではなくオーストラリアで世界最初のsnsであるFriendsterが公開となりました。
2004年にはorkutがサービスを開始してこの年、Gree、ミクシー、キヌガサ、FC2ネットワークなどもサービスが開始となりました。
翌年の2005年にはライブドアフレンドパークがスタートし、この年ミクシーは、アカウントが100万を超えました。
最初にアメリカでsnsを作ったのはスタンフォード大学の卒業生が始めたsnsが最初でした。

日本ではミクシーが一番最初のsnsとして大ヒットして、ほかにもsnsは多数ありますが一人勝ちしていたイメージでした。
しかし2010年ごろからフェイスブックが世界的にも流行の兆しを見せて、現在はミクシーよりもフェイスブックを利用している人のほうが多いといってもいいかもしれません。
日本ではsnsが乱立されていて、もともとはミクシーよりもGreeのほうが会員数が多かったのですが、その後ミクシーが日記機能や様々な新しい機能を追加したことによって、会員数が圧倒的に増えたといってもいいでしょう。
現在snsに何かしら登録をしている人は多く、その中でたくさんの人と出会っている人が多いのも現実です。

個人情報が流出しないか、犯罪に巻き込まれないかなどの心配の声も上がってはいるものの、フェイスブックユーザーなどはとても増えています。
ミクシーとフェイスブック、この二つが今日本でsnsとして勝ち組といってもいいですが、ビジネスで利用して多くの人と出会いを求めて人脈を作ろうとしている人も多いのです。